よくある質問 Q&A


Q1 どのように連絡すれば良いですか?


弊社ではお客様と連絡する際、Skypeというチャットツールを利用し、お客様と弊社スタッフが参加したグループチャット上での連絡をお願いしております。

Skypeでグループでは無く担当者宛てにダイレクトチャットにて連絡した場合や、チャットワークやLINE、WechatなどのSkype以外のチャットツールにてご連絡された場合は対応することができません。予めご了承ください。

Skypeのアカウントをまだお持ちで無い方は、お申込み前に Skypeアカウントの作成方法 を参考にSkypeアカウントの作成をお願い致します。

作成・使用は無料で行うことができますので、ご安心ください。

Q2 オーダーシートで表示されている金額はどのように計算されていますか?


各金額がどのように計算されているかにつきまして、シート毎にご説明していきます。

①「全体」シート

①デポジット残高(元)

現在のデポジットがここに表示されます。日本円では無く中国元での表記ですのでお気をつけください。

デポジットが不足している場合は、マイナス付きで表示されます。(画像の場合992.27元デポジット不足していることとなります。)

②デポジット入金合計 ー ③の合計(国際送料合計 + 関税・諸経費合計 + 確定したオーダーの買付総額合計) で計算されています。

②デポジット入金合計

今までにお客様にご入金頂いたデポジットの合計金額です。

「入金・諸経費」のシートのC列(入金金額(RMB) )の金額の合計が計算されています。

ご入金は日本円でして頂いておりますが、オーダーシート上では中国元に換算して扱います。(詳細はこのページの「2. 入金・諸経費シート」の部分でご説明致します。)

③今までに発生した費用

今までのオーダーで発生した各費用です。(国際送料・関税・買付総額)

・国際送料合計…「入金・諸経費」のシートのO列 (国際送料(RMB))の合計金額が計算されています。

・関税・諸経費合計…「入金・諸経費」のシートのX列 (金額(RMB))の合計金額が計算されています。

・買付総額合計…「全体」シート(今説明しているシート)の下部「オーダー進捗状況・金額確認テーブル」の部分において、E列(買付ステータス)が「確定」になっているオーダーのP列(買付総額)の合計が計算されています。

※画像の場合ですと、1-1と1-2のE列が「確定」になっているので、1-1と1-2のP列の合計 3410.00 + 4583.62 = 7,993.62 が計算されています。

④オーダー進捗状況・金額確認テーブル

「1-1」「1-2」といった各オーダーシートで表示されている金額と同じものがそれぞれ表示されています。

それぞれの金額がどのように計算されているかはこのページの「3. 各オーダーシート」の部分で説明致します。

2. 「入金・諸経費」シート

☆デポジット入金部分

①入金金額(円)

ご入金頂いたデポジットを日本円で記載しています。

Paypalでお支払い頂いた場合、paypalの手数料(3.2% + 40円)を差し引いた金額が記入されます。

②レート

デポジットをご入金頂いた日のレートです。

ここに記載するレートには+1円されていません

③入金金額(RMB)

①(入金金額) ÷ (② (レート) +1円) で計算した金額です。(つまり、日本円での入金金額をレートを+1円して割った金額です)

この列の合計が「全体」シートの「デポジット入金合計」に記載されます。

2018年1月より前にご加入頂いている会員様の場合、一番上に「2017年12月までのデポジット残高」という項目で12月までのシートのデポジットを引き継いだものが記載されています。12月までのシートに変更がありデポジットが変わった場合、このデポジットも自動で変わります。

④備考欄

それぞれがどのような入金内容なのかを記載しています。

・オーダー番号が書いてある場合(1-1 など)…そのオーダーのデポジットとしてご入金頂いた金額です。

・「不足金」…デポジットが不足し弊社から請求書を発行した際に、お支払い頂いた金額です。

・「2017年12月までのデポジット残高」…2017年12月まで使用していたオーダーシートのデポジットを引き継いだ金額です。(2017年12月までのシートの「全体」シートのG4セルと同じ金額が表示されます)

☆国際送料部分

①種類

その発送が「普通」「電池」「敏感」のどれで行われたのかが記載されています。

普通 < 電池 < 敏感 の順番で送料が高くなります。

②計算重量

重量と体積重量の内大きい方の重量で計算されます。 ※体積重量…縦×横×高さ÷5000

2箱以上で発送された場合、 重量→各箱の重量の合計 体積→1箱ずつ体積重量を求め、その合計 で比較し、大きい方の重量で計算されます。

③国際送料

その発送で発生した国際送料です。

この列の合計が「全体」シートの「国際送料合計」に表示されます。

☆関税・諸経費部分

①金額(円)

発生した関税もしくは諸経費です。

この項目には最初から中国元で請求している料金も記載することがございます。(説明書料金、写真撮影費用など)

そのため、この項目は関税が日本円だといくら請求されたのかを確認するためだけに使用してください。

※記載してある項目が日本円なのか中国元なのかの判断は、②(レート)が記載されているかどうかで見分けることができます。レートが記載している場合は日本円で請求されたものです。(関税)

②レート

関税の場合のみ、この項目に記載した日のレートが記載されます。

※関税は配送業者から日本円で請求されますが、オーダーシート上で全ての計算を中国元で行うために、関税を中国元に換算して記載しております。すなわち、関税のレートはデポジット入金時のレートと一切関係がございません

※また、関税を記載する日によって損得が発生することもございません。

③国際送料

関税の場合は日本円を中国元に換算したもの、それ以外の場合は①(金額(円))と同じ金額が表示されます。

この列の合計が「全体」シートの「関税・諸経費合計」に表示されます。

3. 各オーダーシート(「1-1」「1-2」など)

☆オーダーに必要なデポジットを計算する部分

①デポジット請求額[元]

オーダーの流れとして、オーダーを依頼して頂く→弊社が交渉→交渉結果を確認し、買付判断の○か×を付けて頂く

上記の後にデポジットを支払って頂きますが、

この「デポジット請求額[元]」には ○を付けた(買付する)商品の交渉後の商品代金(AE列)の合計 × 150% の金額にデポジットの過不足が反映された金額が計算されます。

金額の下に計算式が表示されておりますので、参考にしてください。

※画像の例ですと、○を付けた商品代金の合計が 3846.00元、この金額の150%が 5,769元です。

そして、デポジットの不足が992.64元あるのでそれも合わせて請求となるので、 5,769 + 992.64 = 6761.64元

この6,761.64元が請求金額となります。

※複数のオーダーのデポジットを一緒にお支払いを希望される場合は、オーダーシートによる自動計算ができません。

お手数ですが、Skypeで担当者まで複数のオーダーのデポジットを一緒に支払いたい旨をご連絡ください。

もし「デポジット残高で買付可能」と表示されている場合は、現在のデポジットで買付を進行することが可能ですので、担当者に「デポジット残高で買付可能なので、買付をお願いします。」とご連絡をお願い致します。

②デポジット請求金額【銀行振込】

銀行振込でお支払い頂く場合の必要なデポジット金額です。

①(デポジット請求額[元]) × (当日の中国銀行のTTSレート +1円) で計算されています。(小数点以下切上げ)

※銀行振込の際の振込手数料はお客様負担とさせて頂いております。何卒ご了承ください。

③デポジット請求金額【Paypal】

Paypal(クレジットカード)でお支払い頂く場合の必要なデポジット金額です。手数料3.2% + 40円 が発生致します。

②(デポジット請求金額【銀行振込】) × 103.2% + 40円 で計算されています。(小数点以下切上げ)

※VISA・MASTER・JCB・AMEXなど主要なカードブランドには全て対応しております。

※Paypal(クレジットカード)での支払い方法はこのページの「Q5 PAYPALで支払う際はどのようにすれば良いですか?」をご確認ください。

☆オーダーシートの「交渉後」の項目

①交渉後合計

AC列(交渉後数量) × AD列(交渉後単価) で計算されています。

②商品代金値引き額

( Q列(交渉前単価) – AD列(交渉後単価)) × AC列(交渉後数量) で計算されています。

※OEMを行う場合など、何らかの原因で交渉前より交渉後の単価の方が上がってしまった場合でも、商品代金値引額はマイナスにはならず0になります。

③国内送料値引き額

R列(交渉前中国国内送料) – AF列(交渉後中国国内送料) ) × AC列(交渉後数量) で計算されています。

※もしオーダー時に中国国内送料を記入されな買った場合、弊社で国内送料を記載させて頂きます。

※何らかの原因で交渉前より交渉後の国内送料の方が上がってしまった場合でも、国内送料値引額はマイナスにはならず0になります。

☆「実際に発生した費用」部分(オーダーシート右上)

全ての価格に共通する事項

買付する(X列買付依頼に「○」をつけた)商品のみの金額が計算されます。(梱包費用のみ例外)

こららの項目に表示された金額と同じ金額が「全体」のシートの「オーダー状況確認テーブル」にも表示されます。

①商品代金

AE列(交渉後合計)の合計が計算されます。

②サービス手数料・OEMサービス手数料・ODMサービス手数料

いずれもAJ列(サービス手数料不要)が「不要」が選択されている場合は請求されません

・サービス手数料…T列(OEM)が未選択 もしくは 「OEM・ODM(2回目以降)」  が選択されている商品の代金合計に、コースに応じたサービス手数料をかけたものが計算されます。
(サービス手数料 トライアルコース 7% スタンダードコース 無料)

・OEMサービス手数料…T列(OEM)が OEM(初回)  が選択されている商品の代金合計に、コースに応じたOEMサービス手数料をかけたものが計算されます。
(OEMサービス手数料 トライアルコース 10% スタンダードコース 7%)

・ODMサービス手数料…T列(OEM)が ODM(初回)  が選択されている商品の代金合計に、コースに応じたODMサービス手数料をかけたものが計算されます。
(OEMサービス手数料 トライアルコース 15% スタンダードコース 10%)

OEMとODMの違いにつきましては OEM・ODMとは何ですか?違いは何ですか? をご確認ください。

③中国国内送料

AF列(交渉後中国国内送料)の合計が計算されます。

④価格交渉手数料

T列(OEM)が未選択(つまり、OEM・ODMでは無い)の商品で、AJ列(サービス手数料不要)が「不要」が選択されていない商品の
AG列(商品代金値引き額)とAH列(国内送料値引き額)の合計 × 20% の金額
が計算されます。

※OEM・ODM商品の仕入れの際は、初回・2回目以降を問わず価格交渉手数料は発生致しません。

※値引きできた額の20%のみ成功報酬として頂き、80%はお客様に還元させて頂きます。

⑤検品手数料

AK列(検品手数料不要)が 「不要」が選択されていない商品のAC列(交渉後数量)の合計 × 2 が計算されています。

※検品手数料…2元/点

※メーカーから購入した点数に対して検品手数料が発生するので、セット組の商品でも検品手数料は安くなりません。

⑥FBAラベル手数料

AL列(ラベル手数料不要)が 「不要」が選択されておらず、かつD列(商品ステータス)が「FBA発送完了」が選択されている商品の
AC列(交渉後数量)の合計 に、コースに応じたFBAラベル手数料をかけた金額が計算されます。
※FBAラベル手数料…トライアルコース 1.5元/枚 スタンダードコース 1元/枚

※セット組の商品の場合は、ラベルを添付した商品点数のみにラベル手数料が発生致します。

⑦梱包費用

AI列(梱包費用)の合計が計算されます。

梱包費用のみ、○が選択されていなくても料金が発生致します

⑧買付総額

①〜⑦までの合計が計算されます。

Q3 デポジットはどのタイミングで減りますか?

デポジットが減少するタイミングは次の4パターンです。

  1. オーダーの全ての商品の買付けが完了した時
  2. 商品を発送した時
  3. 関税が発生した時
  4. 通常のオーダー以外で費用(諸経費)が発生した時

1つずつ解説していきます。

①オーダーの全ての商品の買付けが完了した時
※商品代金・サービス手数料(OEMやODM手数料も含む)・価格交渉手数料・中国国内送料・検品費用が発生します

例えば「1-1」の全ての商品の買付けが完了致しましたら、弊社スタッフがオーダーシートの左上にある「買付ステータス」を「確定」にします。

すると、1-1の商品代金・サービス手数料・価格交渉手数料・中国国内送料・検品費用がデポジットから引かれます。

②商品を発送した時
※梱包手数料・FBAラベル手数料・国際送料が発生致します

商品を発送してオーダーシートに発送の情報を入力すると、梱包手数料・FBAラベル手数料・国際送料がデポジットから引かれます。

※厳密には、梱包手数料・FBAラベル手数料が引かれるタイミングと国際送料が引かれるタイミングには1日のずれがございます。(商品を発送した当日に梱包手数料・FBAラベル手数料が引かれ、発送の翌日に発送情報がわかるため、そのタイミングで発送情報を記入、デポジットが差し引かれます)

③関税が発生した時

発送から1 ~ 2週間経過すると関税が判明致しますので、関税をオーダーシートの「関税・諸経費」の項目に入力致します。

関税が入力されると、デポジットから関税が差し引かれます。

※稀に配送業者の処理の関係上、発送してから関税が判明するまで1ヶ月近くかかる場合もございます。

※関税の請求は配送業者より日本円で請求されますが、オーダーシートに書く際は中国元に換算して記入しています。(オーダーシートでは全ての金額を中国元で計算しているためです)

④通常のオーダー以外で費用(諸経費)が発生した時

撮影費用や商品の交換にかかった国内送料など、通常のオーダー以外で発生した費用は「入金・諸経費」の右部分「関税・諸経費」に記入して処理します。

「関税・諸経費」に記入されると、デポジットから差し引かれます。

Q4 クレジットカード支払い(PAYPAL)はどのカードが使えますか?

Paypalに登録できるクレジットカード及びデビッドカードであれば使用可能です。

VISA・MASTER・JCB・AMEX などの主要なカードブランドを初め、国際ブランドがついたカードであれば全て利用できます。

詳細は ペイパルに登録可能なカード (Paypalのページに飛びます) をご確認ください。

Q5 PAYPALで支払う際はどのようにすれば良いですか?

①Paypalにログインし、ページ上部の「支払いと請求」をクリックします。

_

②「商品またはサービスの代金を支払う」をクリックします。

_

③「メールアドレスまたは名前」の欄に、

leadexpresssupport@busoken.com

を入力し、「次へ」をクリックしてください。

※ここで入力を間違えると違うアカウントに入金されてしまう可能性がありますので、絶対に間違えないようお願い致します。

_

④オーダーシートで、オーダーに必要なpaypalでの支払額を再度確認してください。

_

⑤オーダーシートに記入してあった金額を入力し、すぐ下の「メモを追加」の欄に会員番号を入力してください。

_

⑥ページの下にある「続行」というボタンを押してください。

_

⑦Paypalに登録しているカード一覧が表示されたら、どのカードで支払うか選択し「次へ」をクリックしてください。

_

⑧「今すぐ支払う」をクリックすると決済が完了します。

_

⑨Skypeにて支払金額と支払方法の連絡をお願い致します。

Q6 OEM・ODMとは何ですか?違いは何ですか?

・OEMとは?

メーカーが販売している商品にロゴをつけたり、パッケージを変更するなどして自分のオリジナルの商品を生産することです。

・ODMとは?

メーカー販売している商品にロゴなどをつけるだけでは無く、色やデザイン、性能など商品の仕様(スペック)を変更した商品を生産することです。

・OEMとODMの違いは?

商品の仕様(色やデザイン、性能など)を変更するかどうかの違いです。(変更しないなら OEM、 変更するなら ODM)

OEMやODMはメーカーとの密な連絡が必要になるなどの理由により通常商品の買付より弊社の負担が大きくなりますため、初回商品作成時は通常より多くの手数料を頂いております。

※初回OEM手数料 トライアルコース…商品代金の10% スタンダードコース…商品代金の7%

※初回ODM手数料 トライアルコース…商品代金の15% スタンダードコース…商品代金の10%

一度作成した商品の2回目以降の仕入れを行う際は、通常の買付手数料で仕入れして頂けます。

※通常商品の買付手数料 トライアルコース…商品代金の7% スタンダードコース…無料

Q7 検品にかかる時間はどのくらいですか?

少量であれば商品が弊社に到着した日に検品が完了しますが、200個を超えるような数量ですと1~3日程かかる場合もございます。

Q8 購入した商品がAMAZONの商品と同じか確認してほしい

申し訳ございませんが、Amazonと同じものかどうかの検査はしておらず、お客様による判断をお願いしております

弊社で行う検品では、仕入先(タオバオ、アリババ等)の商品情報と実際の商品に差異が無いかどうかを確認致します。

オーダーシートにAmazonのURL(及びASIN)を記載して頂いた場合、交渉の際弊社にて確認し仕入先の商品とAmazonで明らかに違う点があればご連絡致しますが

もし弊社からの連絡が無くAmazonと商品が違った場合でも、弊社では一切責任を負いません。

ご了承ください。

Q9 FBAへ納品するために必要なファイル(商品リスト・SKUリスト・配送ラベル)の作成方法を教えてください。

下記の手順でご用意をお願いします。

①セラーセントラルにログインし、「在庫」のタブをクリックしてください。

②納品したい商品の左にあるチェックボックスをクリックし、チェックをつけます。

③「在庫管理」という文字のすぐ下にあるプルダウンの中の「在庫商品を納品/補充する」をクリックします。

④確認画面になるので、「はい、続けます。」をクリックします。

⑤「在庫を納品・補充」という画面になるので、
納品プラン→新規の納品プランを作成
発送元→Amazonにセラー登録する際に登録した住所(リードの住所ではありません)
梱包タイプ→個別の商品(異なる商品で構成)
を選択し、「次へ」をクリックします。

⑥納品する数量を入力し、「続ける」をクリックします。

⑦梱包要件を確認する画面になるので、そのまま「続ける」をクリックします。

⑧ラベル貼付けが全て「出品者」になっていることを確認して、「続ける」をクリックします。
この画面ではラベルを印刷しないでください。

⑨納品が作成されますので、「納品を確定」をクリックしてください。

⑩今回の例では1つの納品プランから3つの納品が作成されましたので、
この3つの納品でそれぞれ
商品ラベル
SKUリスト
配送ラベル
を用意して頂く必要がございます。

いずれか1つの「納品作業を続ける」をクリックしてください。

⑪「納品する商品を確認」の右下にある「SKUリストをダウンロード」をクリックすると、SKUリストがダウンロードされます。

⑫「SKUリストをダウンロード」の左にある「商品の確認と修正」をクリックしてください。

⑬「A4判24面(36.0mm × 70.0mm)」を選択し、「ラベルを印刷」をクリックすると、商品ラベルがダウンロードされます。

⑭「2.配送」の項目で「他の配送業者 : 佐川急便」を選択してください。

⑮「3.輸送箱」の項目で
どのように梱包されますか?→輸送箱数【複数】
輸送箱内の商品情報の入力方法について→入力しない
を選択してください。

⑯輸送箱の合計数に 20 と入力し、「輸送箱の数を設定」をクリックしてください。
※重量・寸法は未入力で大丈夫です。

⑰「4. 配送ラベル 」配送ラベルの項目で
印刷用紙→A4 1枚あたり6ラベル
を選択し「配送ラベルを印刷」をクリックすると、配送ラベルがダウンロードされます。

⑱画面の上までスクロールし、「番号」と書かれているところをコピーします。
※画像の場合は FBAP6TQTD をコピー

⑲弊社と共有しているGoogleドライブの中の「データ受け渡しフォルダ」を開きます。
(Googleドライブがわからない方はSkypeで問い合わせください。)

⑳右クリックし、「新しいフォルダ」を選択します。

㉑今日の日付と、⑱でコピーした番号を入力し「作成」をクリックします。

㉒今作成したフォルダを開きます。

㉒右クリックし、「ファイルをアップロード」をクリックします。

㉓先程ダウンロードしたファイルが
商品ラベル→products.pdf
SKUリスト→納品番号.tsv (今回の例だと、納品番号が FBAP6TQTD なので FBAP6TQTD.tsv )
配送ラベル→package.pdf
という名前でダウンロードされているので、それらのファイルを選択してください。

このように3つファイルがGoogleドライブ上に表示されれば、アップロードが完了しています。

㉔SKUリストをダブルクリックしてください。

㉕「アプリで開く」→「googleスプレッドシート」があるか確認します。

有る場合は ㉙ に進んでください。

無い場合は ㉖ に進みます。

※「スプレッドシート」が無い場合

㉖「アプリを追加」をクリックしてください。

㉗入力欄に「スプレッドシート」と入力して、キーボードのEnterを押してください。

㉘「スプレッドシート」の「 +接続」のボタンを押せば、③の画面で「スプレッドシート」が表示されるようになります。

㉙「Googleスプレッドシート」をクリックしてください。

㉚スプレッドシートが作成されるので、E ~ I列を選択して右クリック→「列を削除」をクリックして列を削除してください。

㉛F列を選択してください。

㉜F列を選択したままの状態で、スプレッドシートのメニューの「表示形式」→「数字」→「書式なしテキスト」を選択してください。

㉝F列に商品番号を入力してください。

【注意1】 商品番号の最後の数字が1桁の場合は、4-1-01 のように0をつけて2桁で入力してください。
【注意2】 全ての商品が同じオーダーシート(「4-1」など)の商品だったとしても、必ずオーダーシートの名前も入れて記入してください。

※商品番号とは?
例えば、「4-1」のシートの1番目の商品なら 4-1-01 になります。

㉞全ての商品の商品番号を入力したら、10行目以下の情報が書いてある行を選択してください。

㉟選択したまま、スプレッドシートの「データ」→「範囲を並び替え」をクリックしてください。

㊱「並び替え」を「列F」を選択し、「並び替え」をクリックします。

※「データにヘッダー行が含まれている」のチェックは外してください。

※「A → Z」で並び替えてください。

㊲ 他の納品も①〜㊱の手順と同様にファイルを作成し、Googleドライブにアップロードしてください。

㊳ リードエクスプレスと共有しているSkypeグループにて、「Googleドライブにファイルをアップロードしました」とご連絡ください。

以上で、納品ファイル作成手続きが完了です。

Q10 オーダーシートにはODSで発送したと書いてあるのに、実際にはODS以外の発送業者で発送されているのはなぜですか?

ODSは発送する際、途中で他の運送会社に発送を委託・引き継ぎしています。

どの配送業者に引き継ぐ場合でも、送料区分は普通商品・電池商品・敏感商品の区分となります。

また、日本での発送は佐川急便が引き継ぎます。何か配送業者とやりとりをする必要がある場合でも、日本語にて対応して頂けます。

Q11 発送後にセラーセントラルで納品の箱数を変更する方法を教えてください。

①セラーセントラルから「FBA納品手続き」の画面を開いてください。

②発送された納品の「納品作業を続ける」をクリックしてください。

③ページ中部にある「輸送箱の数・重量・寸法を入力」の箇所に箱数を入力し、「輸送箱の数を設定」をクリックしてください。

④「輸送箱を○箱削除しますか?」と表示されるので、「輸送箱を削除」をクリックします。

⑤ページ右下の「クリックすると納品が完了します」をクリックします。※箱の数量と寸法は未記入のままで大丈夫です。

⑥追跡番号を入力する画面になるので、「お問い合わせ番号」の入力欄に追跡番号を入力し、「保存」をクリックします。

以上で、箱数の変更が完了です。FBAにて納品受領されるまで楽しみにお待ちください。

Q12 FBA納品する商品の個数を変更したり、納品から商品を削除する方法を教えてください。

①セラーセントラルから「FBA納品手続き」の画面を開いてください。

②発送された納品の「納品作業を続ける」をクリックしてください。

③「商品の確認と修正」をクリックしてください。

④数量を変更する場合は、画像赤枠のところに数量を入力して、画面の別の場所をクリックしてください。

商品を納品から削除する場合は、画像青枠の部分を押すと納品から削除できます。

一度取り消した商品を再度その納品に追加するには納品プランを作り直さなければならないので、誤って押さないようにご注意ください

Q13 発注から商品到着までは何日かかりますか?

発送が遅延する原因(後述)が無い場合、発注から 7~ 16日でお届けが可能です。

メーカーへの交渉…1日

買付 …1日 (交渉後すぐに確認・支払いをして頂ければ買付まで同じ日に行うことも可能です!)

メーカーから弊社までの到着待ち…1~5日

弊社で検品・発送…1~3日

弊社からお客様指定住所までの到着待ち…4~6日


発送が遅延する原因として、次のような点が挙げられます。

メーカーへの交渉時・買付時
OEMや特別なオーダーの交渉を行なっている場合、メーカーやお客様の確認が発生するため確定するまで時間がかかります。

メーカーから弊社までの到着待ち
中国国内の物流が混乱している時期(11/11~11/30、その他中国の大型セール時)は時間がかかります。

弊社で検品・発送時
1. 商品に問題があり交換対応をする場合、往復の日数と再度の検品を行うため時間がかかります。(交換された商品も不良があり、再交換を行う場合もございます。)
不良があった場合の対応についてはお客様と相談し決定致します。

2. 商品の数量が多い場合、時間がかかります。(1つのSKUを50点以上購入される場合、検品に時間がかかることが多いです。)

3. オーダーの他の商品が到着しているのに、特定の商品だけ何かしらの理由で到着が遅れている場合、時間がかかります。(その商品以外を先に発送することも可能です。)

Q14 電池商品、敏感商品とは何ですか?なぜ送料が高いのですか?

電池商品、敏感商品とは下記のような商品です。

電池商品

・商品に微量のバッテリー・ボタン電池・磁石が含まれるもの(例 マグネットがついているスマホの手帳型ケースなど)

敏感商品

・薬事法の対象となる可能性のある商品(マッサージグッズ、医療に関する商品など)

・商品の大半部分がバッテリーとなっている商品や、特定容量以上のバッテリーを有するもの(モバイルバッテリーなど)

・食品衛生法の対象となる可能性のある商品(コップ、幼児用のおもちゃなど)

電池商品及び敏感商品は普通商品とは違うルートにて発送及び通関を行いますので、国際送料が高くなります。

Q15 商品が発送されたらどのように連絡が来ますか?発送された後にすることはありますか?

商品を発送しましたら、Skyppeグループにて次のように連絡致します。

例 「8898765432-9箱-電池商品、実際重量:152キロ、体積重量:290キロ、サイズ:47×52×67×8、47×67×45cmー市川へ行きー1/25の発送分」

この連絡の場合、

①「8898765432」→追跡番号です。「88」から始まる10桁の番号がODSでの追跡番号になります。
※追跡方法については 中国から発送した荷物の追跡方法を教えてください。 をご確認ください。

②「9箱」→箱数です。

③「電池商品」→3つの発送区分(普通商品・電池商品)の内、どの発送方法で発送したかについての連絡です。発送方法により料金が異なります。

④「実際重量:152キロ、体積重量:290キロ」→発送の重量です。重い方の重量で送料が計算されます。(この場合290kgで計算されます)
※体積重量はどのように計算されますか?

⑤「サイズ:47×52×67×8、47×67×45cm」→発送したサイズです。「47×52×67×8」は「47×52×67」cmの箱を「8」箱発送したという意味になります。
※1箱だけの時は最後の数字は省略されます。「47×67×45」は「47×67×45cmの箱を1箱発送した」という意味です。

発送後、

・FBA以外に発送の場合は何もして頂く必要はございません。

・FBAに発送した場合は、 発送後にセラーセントラルで納品の箱数を変更する方法を教えてください。 の手順を元にセラーセントラルで箱数の変更をお願い致します。

Q16 商品は発送したら何日で届きますか?

中国から日本への発送であれば、4~7日で到着します。

Q17 中国から発送した荷物の追跡方法を教えてください。

各追跡サイトより確認できます。

ODS http://www.odsex.com.cn/

DHL http://www.dhl.co.jp/ja/express/tracking.html

FEDEX http://www.fedex.com/jp/track/

UPS https://www.ups.com/WebTracking/track?loc=ja_JP

EMS https://www.post.japanpost.jp/int/ems/delivery/

このページでは、例として、ODSの追跡方法を画像付きでご説明します。

①オーダーシートの「入金・諸経費」のシートに発送情報が記入されているので、そこから追跡番号を確認します。

②「订单跟踪」の欄に追跡番号を入力し、「查询货物」と書かれたボタンをクリックします。

③追跡情報がご確認頂けます。

Q18 アメリカやその他の国にも海外発送できますか?

可能です。担当者にご相談ください。

Q19 船便は可能ですか?

可能です、2cbm以上は船便混載便だとお勧め致します。

上記に載っていない内容につきましては、お問い合わせフォームよりご質問ください。